建築構造用材料の平成世代 建築構造用圧延鋼材(SN材)とは

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。今回は溶接構造用圧延鋼材(SM材)に続き、建築… 続きを読む

SS材の仲間?溶接構造用圧延鋼材(SM材)とは?

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。今回は溶接構造用圧延鋼材(SM材)について紹介… 続きを読む

最近よく目にするガラス繊維(グラスファイバー)とは?

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。 今回は近年生産量が増加している炭素繊維強化プ… 続きを読む

100種以上もあり、様々な能力を持つ「ステンレス鋼」

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。今回はステンレス鋼の種類について紹介します! … 続きを読む

航空機の軽量化に大きく寄与したアルミニウム合金「ジュラルミン」とは?

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。今回は航空機部品の素材としても使用されているジ… 続きを読む

ウォータージェット加工とは?メリットとデメリットを徹底検証!

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属などの新規素材の特徴について解説します。 今回は、当社がさまざまな材質を加工している「ウ… 続きを読む

日常生活に欠かせない「ステンレス」と「アルミニウム」の特徴と違い

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。今回は身の回りの多くの製品に使用されている「ス… 続きを読む

高融点金属で加工性も高い「モリブデン」とは?

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属などの新規素材の特徴について解説します。 第5回目は、高融点金属でかつ加工性の高さも兼ね… 続きを読む

ただのプラスチックじゃない!PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の魅力

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属など新規素材の特徴について解説しています。 今回の金属素材研究所ではハイスペックなプラス… 続きを読む

強度抜群の「ハニカム」構造とは?航空機にも使用される7つのメリット

佳秀工業では、金属・非金属を含めて年間に約400種類の材質の加工を行っています。『金属・素材研究所』のコーナーでは、進化を続ける金属などの新規素材の特徴について解説します。第3回目は、航空機に使用される構造材料として注目… 続きを読む