沿革 History


1969(昭和44)年 寺本豊が北九州市小倉北区井堀に於いて鉄鋼2次製品及び鋳物製品を佳秀興業の商号にて販売、創業す。
1971(昭和46)年 鋳物製品の販売を中止し、商号を佳秀工業と変え、鋼板の精密溶断を開始する。
工場狭小の為、八幡西区田町に移転。
1977(昭和52)年 工場狭小の為、八幡西区陣山に移転。設備を増強し、法人組織に移行。
商号を佳秀工業株式会社とする。資本金900万円。
1982(昭和57)年 工場狭小の為、若松区二島・工業団地内の現在地に工場を建設。
1983(昭和58)年 寺本貞子が代表取締役に就任する。資本金1350万円。
1984(昭和59)年 レーザー加工研究所を同団地内に創設、レーザー精密切断加工を開始。
1988(昭和63)年 寺本貞子が取締役相談役に就任、寺本麓人が代表取締役となる。
1989(平成元)年 本社敷地内に精密板金工場を建設、同部門を開始。
1995(平成7)年 精密板金部門増強の為、工場及び事務所を増設。
1996(平成8)年 本社工場を増設し、レーザー加工研究所を移設すると同時に、レーザー無人運転システムを導入、レーザー切断加工部門を大幅に増強。
1996(平成8)年 ウォータージェット加工機を導入、これにより、ほとんどの材質の切断加工が可能となった。
1998(平成10)年 大分県宇佐市に宇佐工場を建設、板金設備一式を増設すると共に、五面加工機やマシニングセンター等の切削部門と塗装部門を開設。これにより食品機械や工作機械等のOEM生産も開始する。
1999(平成11)年 資本金5000万円。
2005(平成17)年 ステンレス板金工場を本社敷地内に増設。
2006(平成18)年 バイオプロセス機器の開発プロジェクト開始。
2008(平成20)年 本社隣接地に架台(機械の精密フレーム)工場と塗装工場を取得。
2009(平成21)年 パイプ形鋼加工用大型レーザー加工機(ファブリギア)を導入。
2011(平成23)年 大出力レーザー加工システム(6kw出力+高水準切断面、6段パレット仕様)を導入。
2013(平成25)年 若松区二島・工業団地内にバイオケミストリー事業準備室を設置。
2014(平成26)年 化粧品製造業及び化粧品製造販売業の許可取得。
2014(平成26)年 自社化粧品・健康食品原料ブランド「佳秀バイオケム」よりKXシリーズ発売。
2014(平成26)年 ハイパープレッシャーWJ加工システム(600Mpa)を導入。
2015(平成27)年 バイオケミストリー事業の事業化にあたり、準備室を「ヘルスケア事業部」に名称変更。
2015(平成27)年 自社化粧品ブランド「GENPRESS」より美容液「天使のおまもり」発売。
2016(平成28)年 「天使のおまもり」が2016ベストスキンケアアワード グランプリ受賞。
2017(平成29)年 ファイバーレーザー加工システム(6kw出力、15段パレット仕様)を導入。
2017(平成29)年 ヘルスケア事業部敷地内に健康食品原料のショールームと加工工場を増設。原料GMPに準拠したクリーンルームを設置。自社化粧品を活用したエステティックサロン「GENPRESS」開始。