※クリックすると移動します

昭和1969~1988
平成1989~2019
平成1989~2019

沿革 / 1969 ~ 2022

1969〜1988 (昭和44年〜昭和63年)

1969年 寺本豊が北九州市小倉北区井堀に於いて鉄鋼2次製品及び鋳物製品を佳秀興業の商号にて販売、創業す。
1971年鋳物製品の販売を中止し、商号を佳秀工業と変え、鋼板の精密溶断を開始する。
工場狭小の為、八幡西区田町に移転。
1976年工場狭小の為、八幡西区陣山に移転。設備を増強し、法人組織に移行。
商号を佳秀工業株式会社とする。資本金900万円。
1982年工場狭小の為、若松区二島・工業団地内の現在地に工場を建設。
1983年寺本貞子が代表取締役に就任する。資本金1350万円。
1984年レーザー加工研究所を同団地内に創設、レーザー精密切断加工を開始。
1988年寺本貞子が取締役相談役に就任、寺本麓人が代表取締役となる。

◆ 1989〜2019 (平成元年〜平成31年)

1989年 機械金属敷地内に精密板金工場を建設、同部門を開始。
1995年 機械金属工場を増設し、レーザー加工研究所を移設すると同時に、レーザー無人運転システムを導入。
レーザー切断加工部門を大幅に増強。
1996年 精密板金部門増強の為、工場及び事務所を増設。
1998年 大分県宇佐市に宇佐工場を建設。
板金設備一式を増設すると共に、五面加工機やマシニングセンタ等の切削部門と塗装部門を開設。
これにより食品機械や工作機械等のOEM生産も開始する。
1999年 資本金5000万円。
2005年 ステンレス板金工場を機械金属敷地内に増設。
2006年 バイオプロセス機器の開発プロジェクト開始。
2008年 機械金属隣接地に架台(機械の精密フレーム)工場と塗装工場を取得。
2013年 若松区二島・工業団地内にバイオケミストリー事業準備室を設置。
2015年 バイオケミストリー事業の事業化にあたり、準備室を「ヘルスケア事業部」に名称変更。
2017年 ヘルスケア事業部敷地内に健康食品原料のショールームと加工工場を増設。
原料GMPに準拠したクリーンルームを設置。
自社化粧品を活用したエステティックサロン「GENPRESS」開始。
2018年 大分県宇佐市に機械組立工場を建設する。
工場の増築により部品の加工から組立までの一貫加工が可能となる。

2019〜 (令和元年〜)

2022年本社敷地内の多目的ホールを組立工場に改築する。
これにより部品の製作から組立までの一貫加工が可能となる。

受賞・認定

◆2014〜(平成26年〜

2014年化粧品製造業及び化粧品製造販売業の許可取得。
2014年ISO9001を取得。
2016年「天使のおまもり」が2016ベストスキンケアアワード グランプリ受賞。
2018年「北九州市まち美化協力功労団体」として、第55回北九州市環境衛生大会にて表彰を受ける。
2018年地域経済のバリューチェーンの要を担う企業として経済産業省から「地域未来牽引企業」の選定を受ける。
2019年日本健康食品規格協会(JIHFS)の
「健康食品原材料GMP(Good Manufacturing Practice=適正製造規範)認証」を取得。
2019年北九州市のオンリーワン企業創出事業において第5回「北九州オンリーワン企業」として認定を受ける。
2020年内閣官房国土強靭化推進室が推進するレジリエンス認証を金属事業部を対象に取得。
2021年ヘルスケア事業部にて開発販売しているサプリメントの肌の保湿に関する機能性表示食品の届出が受理。
2021年「北九州SDGs登録制度」にて第1次登録事業者として登録を受ける。