WJ4

ウォータージェットで3次元加工が可能に

佳秀工業(北九州市)では2017年6月下旬、本社第一カンパニーF1に、新型のウォータージェット加工機「Mach500」(フロージャパン社製/600Mpa)を導入しました。当社では5台目のWJ加工機導入となります。2002年12月より14年半使用したフロー1号機は撤去となり、WJ加工機は引き続き3台体制での稼働となります。
最新機は『ダイナミックウォータージェットXD』と呼ばれる最先端の技術に対応、5 軸制御ノズルで最大±z60度まで傾斜し、斜めに切るべベル切断や溶接のための開先加工、複雑な3次元切断が可能です。

動画はこちら>>

ウォータージェット加工の特長

  • 熱による反り・歪みが発生しない
  • 素材の改質・変質がない
  • 材料歩留まりが向上する

佳秀工業のウォータージェットの強み

  • 重厚長大のワークサイズに対応可能
  • 幅広い厚みに対応可能(0.01mm〜300mm)
  • 三次元加工で立体形状の斜め切断に対応

【ワークサイズ】
最大ワークサイズ【4,000mmx3,000mm】【2,000mmx7,900mm】
*トレーラーサイズの幅広の材料も加工が可能
*厚みも300mmまで対応可能

【コストメリットを発揮する材質】
チタン合金、インコネル、クロム鋼、マンガン鋼、モリブデン鋼などの難削材、ガラスやフェライトなどの脆弱材、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など

【コストメリットを発揮する形状】
従来はバー材や丸材から削り出していた立体形状など、より高速かつ高精度な3D加工が可能になります。

WJ4-2

soudan

お問い合わせは こちら

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中