6月12日、ベトナム人技能実習生2名の「基礎級」技能検定(実技試験及び学科試験)が実施されました。
この検定は技能実習1号(1年目)に行われるもので、2年目の技能実習2号移行するためには、この試験の合格が必須となります。

1名は機械加工の普通旋盤作業、もう1名は工場板金の機械板金作業の検定を受けました。実技では旋盤作業、プレス加工(曲げ)等の作業を行いました。
検定員を前に2名ともやや緊張の面持ちでしたが、いざ試験が始まると普段通りに自信を持って作業を行いました。
2名は学科試験、実技試験ともに好成績を修め、無事に合格となりました。試験を見守る社員も安堵の表情を浮かべていました。

当社には現在11名のベトナム人技能実習生が在籍し、プレス加工、溶接、機械加工、塗装など様々な分野で活躍しています。社内で日本語・ベトナム語の勉強会なども実施しながらコミュニケーションを重視し、高品質のものづくりを目指しています。