佳秀工業(福岡県北九州市若松区、寺本麓人(ろくじん)社長、093・791・0595)の本社工場では、2019年9月3日に7号機目となるウォータージェット加工機「Mach300シリーズ3015」(フロージャパン社製)を導入しました。
これにより当社で稼働するウォータージェット加工機は5台となります。

【佳秀工業の保有するウォータージェット加工機】
◆Mach 3 4020b(2次元)
加工範囲 4000mm ×2000mm、板厚170mm
出力 414Mpa

◆Mach 3 7320b(2次元)
ワ加工範囲 7900mm ×2000mm、板厚170mm
出力 600Mpa

◆Mach 500シリーズ 4030(3次元)
加工範囲 4000mm ×3000mm、板厚300mm
出力 600Mpa

◆Mach 500シリーズ 3080(3次元)
加工範囲 3000mm ×8000mm、板厚300mm
出力 600Mpa

◆Mach 300シリーズ 3015(2次元)
加工範囲 3000mm ×1500mm、板厚300mm
出力 600Mpa

※すべてフロージャパン製

同年の2月に導入した国内最大のウォータージェット「Mach500シリーズ3080」を共に稼働させることで生産性の向上が可能になりました。
佳秀工業では、更なる安定的な生産体制を構築し、お客様に高品質な製品をお届けしてまいります。

2019年10月18日付の日刊産業新聞でもご紹介いただきました(一部抜粋)

ウォータージェット加工機の加工事例・実績はこちら